建物を高齢者が使用する場合で介護用のリフォームをする際に知っておいて損しない情報

>

そもそも介護用にリフォームをする目的を見直しましょう

なぜ玄関回りはリフォームすると良いのか?

玄関の段差がある以外に歩きにくい場所であれば、高齢者が利用する際に大きな負担となるでしょう。車椅子や杖を使用している人なら、支援が求められやすいです。また、人に頼るのは負担に感じる高齢者も少なくありません。心理的にもマイナスになり、外出そのものを渋りかねません。それにより、寝たきりや引きこもりのような問題が起こるでしょう。

介護者が気軽に利用できる場所にするためのリフォームは欠かせません。また、車椅子使用などで介助を必要とする場合でも、スムーズな支援をしやすい設計にするのも必要なポイントです。

その他、玄関回りは来客や外部のサービス業者をはじめ、様々な人が利用します。快適に使用できる設計にしておくと、短時間でも心地良く過ごせるでしょう。また、親切な人なら介護に対する理解をしてもらえる目印となります。

施工の主な種類とは?

介護リフォームをする際の、主な種類を簡単に説明します。段差が大きい場所であれば、踏み台の設置をしましょう。一歩一歩の段差がなくなり、移動負担が軽減されるうえ転倒のリスクを下げます。また、可動式なら場所を自由に動かせるので、ライフスタイルに合わせて使用方法を変えられます。車椅子利用者向けにスロープの設置をしておくと、出入りの際に楽になります。なお、固定式なら高い安全性を得られます。

靴の着脱や車椅子からの乗り降りをする人向けに、椅子やベンチの設置をする方法があります。特に壁に収納するタイプなら使わない時に片付けられるので、玄関を広めに使用することが可能です。その際は、職人に工事をしてもらいましょう。ただし、椅子が低すぎると膝に負担が掛かります。身体の他の部分を痛めてしまうので、利用者に合うものにしましょう。


この記事をシェアする